トップページ > 英語教育について思うこと

英語教育について思うこと

"日本の英語教育についてまず感じることは、知識ばかりを植え込み、難しくしすぎてしまっているために、実用性に欠けるのでは、ということです。中学、高校では主に、ひたすら文法を習います。構文から少しでも外れたり、活用が少しでも違っていたりすると、間違いとしてしか扱われません。長文読解も、意訳、直訳、と細かすぎるように思います。この教育方法が英語に対する苦手意識につながっているのではないでしょうか。
私たち日本人は、日常会話を初め、話をする際、いちいち文法のことなど考えません。英語もそれと同じだと思います。正しい文法にこだわるよりも、楽しみながら英語に触れ、口に出して話す機会、話したいと思える状況を作り出していくことのほうが先決だと思います。長文の細かい意味よりも、実際に使われる言い回しなど、すぐに役立つフレーズを響きから学ぶことが大切であると感じます。
就学前や小学校からの英語教育が取り上げられていますが、何より、英語に親しみ、自ら英語を使いたい、学びたいという気持ちを育てていくことを大切してほしいと思います。"

関連エントリー
英語の学習と動機
無料で留学体験
癖のある英語について
英語の早期教育について
日本人は英語発音がなぜ苦手か
英語教育について思うこと
ネイティブとまともに話せない英語の先生って
小学生の娘の英語教育
今のままじゃまず使えない学校英語
日本の英語教育について思う事
私の頃の教育だと英語は苦手になる
わたしが使った英語教材はスピードラーニング
メニュー
英語について
教育情報局
資格
リンク集
運営者情報