トップページ > 日本の英語教育について思う事

日本の英語教育について思う事

"わたしは中学生の頃から英語が好きで、大学でも英語を専攻していたので、英語が得意だと思い込んでいました。しかし、社会人になり、英会話教室の講師をしたり、外資系企業で仕事をしている時に、海外の方と英語で話す機会が増え、自分の英会話の能力のなさにかなり落ち込んでしまいました。

中学や高校、大学と10年間も英語を勉強してきたのに、しかも自分の英語力に自信があったのに、結局社会人になって会話がほとんどできない自分を見て、がっかりしてしまうとともに、もっと英語が苦手な人にとっては、英語の授業自体なんだったのだろうと思うようになりました。日本の英語教育は、すべてが失敗とまではいかなくても、聞くことや話すことに関しては失敗だったのではないかなと思います。

結局のところ、英会話ができるようになりたい人は、自分で海外に語学留学するとか、自分でなんらかの形で会話の勉強をとことんするしか今の状況ではないのだと思います。

今、小学生からの英語教育が大切だと言われていますが、わたしたちが中学生だった頃のような文法中心の英語教育を小学生に前倒しするだけでは二の舞になり、さらに英語嫌いの生徒が増えるだけだと思います。

英語が楽しい、話すのが楽しい、と思える授業を期待します。"

関連エントリー
英語の学習と動機
無料で留学体験
癖のある英語について
英語の早期教育について
日本人は英語発音がなぜ苦手か
英語教育について思うこと
ネイティブとまともに話せない英語の先生って
小学生の娘の英語教育
今のままじゃまず使えない学校英語
日本の英語教育について思う事
私の頃の教育だと英語は苦手になる
わたしが使った英語教材はスピードラーニング
メニュー
英語について
教育情報局
資格
リンク集
運営者情報