トップページ > 英語の早期教育について

英語の早期教育について

"ここ数年、企業への就職にも英語が話せた方が有利とか、英語関連の資格を持っていた方がいいとか、日本人の仕事と切っても切り離せない関係にある英語。
特にグローバル展開を見せる企業には、もはや英語が必要不可欠というイメージがある。
実際の現場で英語がどのくらい必要でどのように使われているかはともかくとして、そんなイメージを漠然と抱いている日本人は多いだろう。

そんななか、英語ができた方が仕事をする上でいろいろと有利に働く現状が将来的に続くことを見越して、これまでは中学校で初めて学ぶものだった英語の早期教育に関心が集まっている。

小学校、もしくはそれ以前に語学を学ぶことについては、じつは私もいろいろと思うことがある。
それをここでは書いてみたい。

まず初めに、私は英語の早期教育には反対である。

理由はいくつかある。

一つは、英語の習得は中学からでも遅くないと思うこと。
自身の経験から見ても、語学の習得に必要なのは、時間よりも熱意と興味関心の方が大事なように思うからだ。
それに、英語に限らず言葉を話すということの本来の目的は、難しい単語(言葉)をいかにたくさん話せるかではなく、相手の言っていることを理解し、こちらの意図を過不足なく伝え、理解してもらうことにある。
つまりコミュニケーションを取ることが、語学を学ぶことのそもそもの目的だ。

その際に欠かせないのが、我々の母国語である日本語による文章表現だろう。
これがまず正しくできていないことには、英語を学んだところで意味がない。

となれば、英語を学ぶ前にまずは日本語の扱い方をきっちりと身に付けるべきだと思う。
母国語を使いこなせない人間に、外国語を使いこなせるはずがない。

英語を学ぶというと、つい、たくさんの英単語を記憶することと思ってしまいがちだが、実際の会話で必要なのはおそらく基礎的な単語がほとんどである。

通じない言葉を喋っても意味がないわけで、言葉は相手に通じるからこそ意味がある。

自分の中にある使い慣れた言葉で文章を作るのが日本語における文章表現の基本でもあるように、元より扱い慣れていない言葉をただやみくもに口から放つのは、危険きわまりない。

言葉とは意味を伴って初めて言葉足り得る。

意味内容の薄い会話しかできないのであれば、もしくは言葉を使った表現による意味内容がそれほど求められていない環境に身を置くのであれば、英語の習得に熱を入れる必要はないのではと思う。

だから、まずは小学校で基礎的な日本語能力をしっかりと学ばせること。
その際正しい日本語ではなく、日本語を実用的なレベルで使いこなせるようにさせる方がいい。
そうすることで考える力も身に付く。

考えることは言葉を使うこととイコールであるから、日常的に言葉を使うことに慣れている方が、考える力を伸ばしやすい。

そのためにはやはり文章を書かせることだろう。
だが、いきなり作文や感想文を書かせるというのははハードルが高い。
まずは200文字程度の文章からスタートするのがいい。
短い文章を書くことを通して、論理の立ち上げ方や構成などを学ばせることが大事だと思う。

あくまで個人的な考えだが。"

関連エントリー
英語の学習と動機
無料で留学体験
癖のある英語について
英語の早期教育について
日本人は英語発音がなぜ苦手か
英語教育について思うこと
ネイティブとまともに話せない英語の先生って
小学生の娘の英語教育
今のままじゃまず使えない学校英語
日本の英語教育について思う事
私の頃の教育だと英語は苦手になる
わたしが使った英語教材はスピードラーニング
メニュー
英語について
教育情報局
資格
リンク集
運営者情報