トップページ > ネイティブとまともに話せない英語の先生って

ネイティブとまともに話せない英語の先生って

学校の英語の先生って、全員英語がペラペラなのかと思ったらどうやらそうではないみたいです。息子の中学校にアメリカの姉妹都市からの訪問団がやってきて、英語の先生が通訳していました。しかし、先生の話す英語はぎこちなく、何度も聞き返すシーンが見られました。英語に関する知識や、英語を教える技術は持っていても、ネイティブと苦労なく話せる能力を持っているかどうかは分からないんですね。もう随分前から言われていることだと思いますが、私はやっぱりそこに日本の英語教育の問題点を感じてしまいました。コミュニケーション力の重視が呼びかけられ、私が学生だった頃に比べるとはるかにバリエーションが豊富になったと学校の英語教育ですが、まだまだ「生きた言葉」を教えるところまでは行ってないよな、というのが正直な感想です。アシスタントとしてネイティブスピーカーを授業に付ける、という試みも進んではいますが、やっぱり大事なのは日本人の先生がしっかり英語のコミュニケーション能力を持っていることなんだと思うのです。なので、英語教員になるための条件として英会話力というのも設けてほしいな、と思っています。

関連エントリー
英語の学習と動機
無料で留学体験
癖のある英語について
英語の早期教育について
日本人は英語発音がなぜ苦手か
英語教育について思うこと
ネイティブとまともに話せない英語の先生って
小学生の娘の英語教育
今のままじゃまず使えない学校英語
日本の英語教育について思う事
私の頃の教育だと英語は苦手になる
わたしが使った英語教材はスピードラーニング
メニュー
英語について
教育情報局
資格
リンク集
運営者情報