トップページ > ワーキングホリデーの資金とアルバイト

ワーキングホリデーの資金とアルバイト

ワーキングホリデーの予算は、どういう暮らし方をするかで人それぞれ変わってきます。学校に通う計画のある人は、その授業料を予算に入れなければなりませんし、アパートで一人暮らしをしようと思うなら、最初に何かと物入りです。アルバイトをする場合でも、職種によっては、あまり時給がよくなかった…という場合も。

到着直後から滞在費と食費はかならずかかりますから、しばらく働かなくても生活できるだけの資金を最低限用意していきましょう。ワーキングホリデー体験者の多くは、80万~170万円くらいの資金を用意していることが多かったようです。アルバイトができるから、と十分な資金を準備しておかないと、計画よりも早く帰国しなければならなくなったり、活動範囲を狭めたりしなければならなくなる可能性もあります。また、航空運賃や海外留学生保険の費用も忘れずに用意しておくことをお勧めします。とにかく、後悔することのないように、資金は十分に用意しておくことが大事です。

アルバイトは、語学力があり、職務経験のある人でも、運がなければ条件の良い仕事は見つかりません。しかし職種さええり好みしなければ色々な仕事はあります。観光地では、日本語を活かせるアルバイト、例えば日本食レストランやみやげ物屋、免税店などの日本人観光客を相手にした仕事があります。また、田舎へ行けば、ほとんど英語をつかわない牧場や農場での仕事もあります。ただし、そうした仕事を求めているワーキングホリデーの人たちはたくさんいますから、選ばれるために語学力・職務経験・根性・人柄は大切なポイントとなります。中には語学力を武器として、現地企業や日系以外のレストランやカフェで働くといったチャレンジをしている人もいます。どんな仕事でも語学力だけでなく、きちんとした日本語が使えること、ビジネスマナーが身についている人が有利になります。

関連エントリー
語学留学
留学前の語学勉強
留学の費用
留学の時期
留学の期間
専門スキルアップ留学
4年制大学留学
2年制大学留学・認定留学・学部聴講
大学留学に必要なもの
大学院留学
大学院留学に必要なもの
高校留学
高校留学、どこで学ぶ?
ワーキングホリデー
ワーキングホリデーの資金とアルバイト
初めての飲食店でのアルバイト
どんな時も笑顔の看護師さんに励まされた入院生活
ライン作業をして
とにかく眠かったマドリッド
フランス、パリでストライキに遭遇!
私は最近香港に旅行で行きました
メニュー
英語について
教育情報局
資格
リンク集
運営者情報